ドロヘドロ 9巻 感想

ドロヘドロのこの明るいピンクの表紙の漫画9巻は非常に多くの嵐の前の静けさがパート1の終わるものの疑問を投げかける一種のように感じている。これまでのところずっとパルスドキドキアクションとしてではないですし、9巻はゆっくりと話しを積み上げていく感じでした。

dorohedoro-vol-9_

カイマンの過去、「カイマンが何かを思い出しそうになっている」このような大きな、愛すべき間抜けだとして、私は少なくともカイマンなど、カイマンの最後のように見えるかもしれないかのように、私は特に感じて、それは残念だった。「カイマンが自分の過去を、自分が何者かを思い出そうとする」 しかし、彼は常に彼の思い出を思い出したかったですし、今ではすべてのことにはマイナス面を見て始めている。 残念ながら、それは本当に彼がどちらか、やめることができるものではありません。カイマンの継続的な頭痛がどれだけ苦渋を示す。カイマンの目の十字がなぜか消えたし、おまけに放心状態になったりもするし、やはり謎も増えてまいりました。

フラッシュバックは、それが本物のように見える。リトル二階堂は絶対に愛らしいがあり、彼女の裏話を知って驚くほど惨めなこと​​を行っている。

最後にオマケの章を議論しなかった場合、私は怠慢でしょう。ドロヘドロの世界には舞踏会というものがあるらしい。これまでのところ、ノイはシリーズで私の好きなキャラですが、いずれかのシリーズの恋愛だけでいじめてきた。彼女のための彼の気持ちはもっと曖昧であった。仮面舞踏会に出席するために余儀なくされた。 内容はペアを見つけて一緒に踊るというものなおさらここで愛らしくかわいいルックス、そしてダンスパートナー。 私はこのようなサイドストーリーを見るのが好き。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>