天使禁猟区 1巻 感想

天使禁猟区は、『花とゆめ』(白泉社)にて1994年15号から2000年22号まで連載されていた。主人公とヒロインとの禁じられた恋を主題にしているが、異世界における天使や悪魔達の攻防、心理を重厚に描き、ダーク・ファンタジーとして昇華されている。

angel-sanctuary-vol-1

まず第一に、私のマンガ本棚にある一冊について友人がこれはどのような内容の漫画?と指摘してきた。天使禁猟区について語るのは少しばかり面倒です。設定の多くは、場所に作品を入れ、ホントに多くの意味をなさない裏話がたくさんあり​​ます。また、彼女はすぐに/なぜこんな古いもの?/絵も古いし面白いのか?と友人に好きな作品の一つを説明するのはホントに骨が折れます。私が、天使禁猟区 (全巻)を棚にぶち込んでるのでそれをいちいち説明した。非定型の愛を持つ典型的な問題を抱えたティーンエイジャー刹那です。彼は彼自身の貪欲な欲望を閉ざそうと様々な問題を抱えている。彼は​​本当に人々が降りてくると、彼は天使の生まれ変わりだと言う必要はありません。 実際には、彼のせっかちなな衝動的性格は少年主人公の非常に彷彿とさせる。

私は作品には、近親相姦の要素が挙げられ、(兄妹、姉弟、母子)や同性愛などをテーマにしている方法は注目に値します。 現在2013年では、ほぼすべての漫画やアニメで近親相姦の過剰があることを考えると、あなたはそのスリルを失うことになると思うだろう。

アートはここにもう一つの強力なポイントである。?回で、それはシリーズで唯一のユーモアだし、私は刹那の表情や挿話のいくつかを愛しています。

シリーズは、天使と悪魔についてであることを考えると、正直この作品を説明するのは至難の・・・キレイで幻想的で隙が一切ないけど複雑すぎるくらい複雑な作品。

↓文庫版になってるよ!

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>